個性派女優・江口のりこのプロフィール!経歴は?代表作は?

個性派女優として抜群の存在感を放つ江口のりこさん。「これにも、あれにも、こんな作品にも出演していたのか」というくらい多くの作品出演しています。

さまざまな作品でキーポイントとなる難しい役どころをそつなくこなし、その幅広い演技力で名脇役としては現在No.1の女優ではないでしょうか。もしもですが、私が作品のキャスティングをする立場なら絶対に外せない女優さんですね。

そんな注目の女優・江口のりこさんはどんな人物なのか?江口さんをあまり知らない方向けに江口さんを紹介します。

 

江口のりこさんのプロフィール

名前 江口のりこ
本名 江口徳子(えぐち とくこ)
生年月日 1980年4月28日
星座 牡牛座
血液型 O型
出身地 兵庫県姫路市(旧・飾磨郡夢前町)
身長 170cm
所属事務所 ノックアウト
所属劇団 劇団東京乾電池

写真引用:株式会社ノックアウト 江口のりこ
 

江口のりこさんの経歴

勉強が嫌いだった江口さんは中学卒業して高校へ行くよりも、自分でお金を稼いで好きなことをしたいと考え高校へは進学せず、アルバイトをしながら昔から好きだった映画をひたすら見てる生活をしているうちに「映画に出演したい」と思うようになり、女優を志すようになります。

1999年に「劇団に入れば映画に出演できる」と思い、兵庫県から上京し劇団東京乾電池のオーディションを受け合格し研究生となり、翌2000年に正式に劇団員となりました。

バイトは住み込み!?

住むところも決めずに上京し、お金もわずかしかなかったため、住み込みで働けて食事も出る新聞配達のバイトを始めます。劇団の授業料も一括払いだったので販売店の所長に前借をしたそうです。

2002年には念願だった映画「金融破滅ニッポン 桃源郷の人々」で映画デビューしました。そして2年後の2004年には映画「月とチェリー」で真山葉月 役として主演に抜擢されます。上京して5年で映画の主演に抜擢されるとは凄いですね。

その後も、映画やドラマにひっきりなしに出演し、2008年には映画「砂の影」で2度目の主演を務めました。2020年7月現在までにテレビ・WEBに100本以上、映画90本以上、その他にも舞台やCMに多数出演しています。2000年に正式に劇団員になってから20年でこれだけの作品に出演しているとは、どれだけ江口さんが必要とされている女優さんかが分かりますね。

2006年の映画、吉田浩太監督「お姉ちゃん、弟といく」では第2回シネアスト・オーガニゼーション・大阪エキシビション(CO2)女優賞を受賞。2009年には地元の兵庫県姫路市の観光大使に就任しています。「映画に出演したい」と上京してから、その夢を叶えた江口さんは本当に凄いですね。
 

江口のりこさんの代表作

これだけ出演作品が多い江口さんの代表作といっても意見が分かれる事と思いますが、個人的には「時効警察」シリーズがおすすめです。サネイエ 役の江口さんは、前に出過ぎず、かつ重要なポジションを難なくこなしていて物語には欠かせない存在感があります。

時効警察は、オダギリジョーさん主演のコメディミステリードラマでシリーズ化され、2006年「時効警察」、2007年「帰ってきた時効警察」、2019年「時効警察はじめました」とシリーズが続いています。3作目の「時効警察はじめました」の前に、ドラマスペシャル「時効警察・復活スペシャル」が放送されました。

時効になった事件を趣味で捜査する警察官VS時効犯人。クセになるユルい笑いが満載の“脱力系”ドラマ!
時効になった事件を趣味で捜査する警察官VS時効犯人。クセになるユルい笑いが満載の“脱力系”ドラマの第2シリーズ!
12年ぶりでもあなたが犯人だということは誰にも言いません。趣味なので。伝説のコメディーミステリー「時効警察」が12年ぶりに復活!
 

時効警察を配信しているサイト

動画配信サイト 金額 作品数 配信作品
U-NEXT
見放題
月額1990円(税抜)

31日間無料

見放題作品
19万本以上

レンタル作品
2万本以上

雑誌読み放題
80誌以上

・時効警察
・帰ってきた時効警察
・時効警察はじめました
・時効警察・復活スペシャル
dTV
見放題
月額500円(税抜)

31日間無料

見放題作品
12万本
・時効警察
・帰ってきた時効警察
・時効警察はじめました
・時効警察・復活スペシャル
Netflix
見放題
800円~1,800円(税抜)
非公開 ・時効警察
・帰ってきた時効警察

 

アーカイブ